大阪府泉佐野市の歯科(歯医者)かつふじ歯科です。入れ歯リサイクルへの取り組みの案内。治療費、料金等ご相談受付中。

入れ歯リサイクルへの取り組み

入れ歯リサイクルへの取り組み

入れ歯には金属のバネがついていますが、そのバネには貴重な貴金属が含まれています。
この金属をリサイクルすることにより、資源として生まれ変わり、その収益金でユニセフを通して世界の子ども達に希望を与えることができるのです。
入れ歯といっても様々な種類があり、あくまでも参考ですが、一つの入れ歯で・・・
・毛布なら・・・7枚
・10リットルの貯水容器なら・・・9個
・HIV簡易検査セットなら・・・29セット
・マラリアから身を守るための殺虫剤処理済の蚊帳なら・・・4張り
・予防接種のための使い捨て注射器なら・・・350本
・勉強するためのノートと鉛筆なら・・・46人分  を供給することができます。
ですので、不要になった「入れ歯」をご寄付ください!歯にかぶせた金属、歯に詰めた金属、歯と歯をつないだ金属も貴重な資源に生まれ変わります。ただし金属のついていない入れ歯は回収できません。ご寄付される方は当院までお願いします。責任を持って入れ歯リサイクル協会にお送りいたします。

読売新聞2008年2月15日号に掲載されました。
読売新聞2.jpg

TOPへ戻る

治療メニュー

katsufuji_qr.jpg